クレジットカードをお店の人に渡した時不安を感じますか?

皆さん、こんにちは!!

頭痛持ちの人は、季節の変わり目に症状がひどくなると聞いていますが、そのとおりかも知れません。ZZzz….

気分転換に、1週間分溜まった日経新聞を読むことにしました。

日経新聞電子版が出来てから、どうも新聞は週末の確認通読となってしまっています。

でも、小さな記事を見つけるのは、やはり紙の方が慣れているので便利です。

ということで、面白い記事を見つけました。

 

『三菱UFJニコスが小売店にスマホを使った外貨決済サービスをスタート』

 

こんな感じの見出しでした。

要は、海外決済のカード(主に外国人観光客と思われます)を、お客様の目の前で、スマホを使って決済手続きを完了させるというものです。

小さい記事でしたが、この類のサービスがこれからの訪日外国人増加のために、とても重要であることには触れていなかったのが、少し残念だったので、勝手に補足。

欧州では、お客様のクレジットカードを加盟店(お店やレストラン)の人が触ることを禁止している国が多いのです。私も、欧州のすべての国に行ったわけではないので、どれくらいの国がと聞かれるとすぐには答えられないのですが、少なくとも、私がよく行くイギリスでは徹底しています。

駅で、少し長距離の切符を往復で買おうとすると、やはり、よく分からないので自動販売機を使う自信がなく、窓口に並ぶのですが、最後の支払いに、駅員さんが、カード決済端末を私の方に向けて、『Please』と初めて言われた時には、何を『Please』なのか、良く分からず、ボーッとしてしまいました。要は、この端末に自分のクレジットカードを入れて決済しなさいねということだった訳です。

ホテルのレストランでの食事でも同様で、高すぎて泊まれないけれどもレストランが素敵というホテルで、いざ、『Check Please』とお願いすると、ウエイターが決済端末を持ってきます。

こういう環境で生活をしていたら、日本の、特に百貨店のように、お客様のクレジットカードを持って売り場の奥に行って決済してきますというのは、欧州の人にはとても不安に感じると思います。

実際に、何度か欧州で『カードは自分で扱う』ことに慣れてしまった私も、クレジットカードを見えないところに持っていかれると、若干不安になります。

一方で、米国では、レストランでクレジットカードをお店の奥に持っていって決済するのは、まだまだ常識です。

このギャップ、意外と大きいんですね。

また、アジアの人達は、別の意味で自分のカードを見えないところに持っていかれることを嫌います。スキミングなどの犯罪が多いからです。

訪日外国人の増加は、これからも日本で色々な新しいサービスを生むことと思います。

To be continued

(注:このブログは2年前にアメブロに書いた記事を再掲しています

 

大学卒業後、官僚として働く。NYに遊びに行った時、ウォール街をぶらついていた時の軽い閃きから、公認会計士を目指そうと思い立ち、心機一転、電卓も使えないのに公認会計士試験の勉強を始める。 1年後無事合格するも、当時は公認会計士は大変な人余り状態、かなり苦労をして中堅監査法人に就職・・・。 しかし、仕事と上司には恵まれ、株式公開準備業務、国際部の立ち上げなど貴重な体験を経て、図らずとも独立。その後、事業会社のCFOや社外役員などを経験し、ブランドプリペイドカード発行事業を手掛けるなど、涙と笑いに包まれた経験を続ける。時々、当初の思惑と現実のギャップに日々苦闘と笑いを繰り返す毎日を過ごしている。 In English https://www.linkedin.com/in/kaoru-arai-28332370/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください